蕎麦屋『松雪庵』二代目 4beatでいこうよ。

松雪庵、原田製麺所の二代目。趣味でBass弾いてる三児の父親。 店のことや音楽のこと、日常的な何でもないこと、そんなこんなです。 鼻唄は常にウォーキングベース♪

今夜はMaeda & Harada Duo @SHOUT です!










おはようございます(もう10時苦笑)

昨夜のお仕事が夜中に終わり倒れるように寝て軽く寝坊しラーショの配達に遅刻するという失態を犯した朝でした。バカ!(太腿を拳でバン!)

というわけで今夜はMaeda & Harada Duo @SHOUT でございます。
最近忙しいふりばかりしてレポートをサボってゴメンナサイですが、
後ほどダイジェストでお送りしたいと思いますのでよろしこ。

さてさて、世のウッド弾きさんは皆悩む音作り、特にピックアップですが、皆売った買ったして大枚叩く割にはなかなか相性の良いものに出会えず苦労します。と思います。

僕も色々なサイトやブログを覗かせて頂き参考にしましたので、又誰かの参考になれば良いなということで僕の駒周りを紹介します。

ピエゾはリアリストとウッディ、コンデンサーマイクはオーディオテクニカのATM35です。

リアリストは少し出力が劣りキンキンしない自然な音でエピファニと相性が良いですね。プロにも使う人が多いようですし(だから何なんだ)ハイファイなアンプと相性バッチリです。アルコが太い音で出ます。

ウッディは出力も十分、特に高音が良く出ますのでアンプでイコライジングして丸味をつけると良い音がします。
いかにもピエゾな音ですが、逆にJAZZらしい音だなとも思います。古いタイプのアンプとの相性も良いですね。

コンデンサーマイク、本当にこれが一番良い音がします。メーカーサイトでは駒にクリップで挟みFホールから集音する写真が載ってましたが、DPA4099の付け方を真似しましたら、これが抜群に良かったです。駒に大工用品のクランプみたいなのを短く切って挟み、そこにクリップで止めています。
キャノンをフォンコネクタに変換してアンプにぶち込んで何度かライブしましたが、結構良いと思ってたんですが、どうも高音が耳に障るのでやめました。今はエピファニとリアリストで演奏してますが、PAにつなぐなら絶対オススメでしょう。でもいちいち下手くそなベース一本の為にお店のPAに電源オンしてもらうのも相当気の引ける話なので今のところお道具箱の肥やしになってますが。本当はミックスしてアンプから出したいところですが、エピファニではちょっと無理(代理店のKさんとも相談しましたが)なようです。
感ですが、ボーズのミニPAシステム(名前忘れた)、あれがバッチリ行くんじゃないかなーと睨んでおります。
本当にマイクは良いですよ、楽器がそのまま大きくなったんじゃないか??と思うほど『アンプ感』が無いです。
今度知人に借りてやってみようと思いますのでそん時は又軽くレポしますね。

ではでは!


iPhoneから送信
スポンサーサイト
  1. 2013/09/18(水) 10:46:12|
  2. M & H Duo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<秋なめてた(´Д` ) | ホーム | 準備はオッケーなんだけど>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://syousetuan.blog.fc2.com/tb.php/909-fdfe34f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)