蕎麦屋『松雪庵』二代目 4beatでいこうよ。

松雪庵、原田製麺所の二代目。趣味でBass弾いてる三児の父親。 店のことや音楽のこと、日常的な何でもないこと、そんなこんなです。 鼻唄は常にウォーキングベース♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ライブレポ!南郷サマージャズフェスティバル後夜祭!@Flat

7月29日、八戸市フラット(初めてでした( ´ ▽ ` )ノ


松橋さんを偲ぶ会で知り合ったトロンボーンプレイヤー

ナッティー君(お互い気軽に呼び合おうという事でさんから君に)にお声頂き

南郷サマージャズフェスティバルに出演された

西日本を代表するトロンボーンプレイヤーTommy氏との後夜祭セッション、

そのホストメンバーとして参加してきました。

前々日前辺りから仕事を詰め当日も余裕を持って出発出来る様にはしたつもりでも

やはり当日になると、ああ!あれもだこれもだとなかなか慌ただしい。

まあいつもの事ですが。

ドラムのアナコンダ伊達さん(当日の偽名が本当にこれでして、、、)を

迎えに行き一路八戸。

意外と道路も混んでなくすんなりと到着。

機材を降ろし古いビル地下の廊下の奥のお店へ。

この夜の街、地下街、雰囲気好きだな〜〜。

バンドマン好みの空気、、、。

まるでアジトの様な店内の高い天井は配管もむき出しでカッコイイ。

既にナッティー君がいて挨拶する。

ナッティー君はなんとライブ五連荘というハードスケジュールの中日辺りで

体も唇も結構お疲れモードのご様子。超売れっ子さんだな〜すごい。

楽器をセッティングしてるとトミーさんが到着。

噂通りにちょっと強面、オーラがすごい、、、。

作業を直ぐ止め挨拶に近寄ると、とても礼儀正しく挨拶をお返し頂いて、

なんだか更に緊張してしまった(´Д`" )

トミーさんも楽器を出しセッティング。

トミーさんが二三音鳴らしただけでその音圧にびっくりしてしまった。

爆音と聞いていたいたけど、、、店内でバイクのアクセルを吹かしたみたいに凄かった。

こりゃいかんとこっそり自分のアンプのボリュームをあげる。

間もなくして前田さんも到着。

やあやあと挨拶。

アナコンダさん(これなんか書きにくいなぁ笑)と前田さん、

リズム隊とサイドメンが良く知る先輩方々で本当に良かったです。

メンツ聞いたときは心底ホッとしたっけなぁ、、、、。


ナッティー君がかなり大きなスポーツバック?から全員分のスコアを配ってくれていた。

さすが自分のバンド持ってるだけあるな。

管楽器やその他の楽器に合わせて移調やアレンジを書く必要があるから

スコアの用意も大変だろうな。僕にはできないなぁ、、、。




リハらしいリハもなく(セッションですからね)

お客さんも見え始めステージへ。

血糖値を上げておこうと沢山飲んだコーラでお腹が苦しかった。

ナッティー君が仕切りという事で司会進行、

1stはトミーさんのオリジナルでQuick shadowsから始まりました。

小気味の良いテンポの4ビートで少し哀愁を感じるメロディ。

テーマは打ち合わせしたところは緊張でスッパ〜〜ンと飛んでしまって

感だけを頼りにやり過ごし、終わる頃思い出しましたパターン、、、。

ベースソロも廻ってきましたが何とかかんとかまぁそれなりにアレでした。

緊張するほどソロで走るのは何とかしなきゃいけないなぁ。

先輩方によく「聴いてからひと呼吸して弾き始めなよ」

と言われるんですがナカナカ、、、むずかひ。

しかしトミーさんの音の迫力、、、凄いです。

ナッティー君も上手い。フロント師弟コンビかっこいい!凄い!

一曲目が終わり一息するも次の曲がわからないので緊張は緩まず。

ゆったり目のボッサでしたがキンチョールな僕はキンチョールのまま。

ボッサなんだからゆったりとした気持ちで弾けたら良かったな〜〜(苦笑)

そしてステラバイスターライト。

テーマ前半はナッティー君の独奏。

おおお!かっこいい〜〜〜!!

ねぇ〜〜!と前田さんと顔を見合わせうんうんと相槌をうっていたとき

この夜最初の失敗、、、。

そろそろ入るところだな〜と楽譜に目をやると、

( ꒪A꒪)アッ!!! コレヨミニクイカキカタシテルヨ!?

一段に5〜6小節でバラバラに書いてあって一瞬どこがまん中だか解らない!

しかもいつもやってるキーと違くてコードみてもピンと来ない!

焦る!焦る!!焦るるるる!!

んでもってぼがーーーーん! \(꒪┏曲┓꒪ )/きえーーー!

やってもーた!

超凡ミス!恥ずかしい!穴があったらベース突っ込んで僕は帰りたい!

耳を赤く染めつつアドリブ頭に合わせてウォーキングに入る。

恥ずかしさを誤摩化すかの如く元気にブン回すというアレですよ。

その後ドラムがSoumaさんにチェンジ。

ブッ速のブルーボッサ。

イントロはベースからと言われカウントを頂く。

ちょ、ま、ぃゃ、ぁ、は、速いなーーーー!www

速すぎてソロ弾けないでがんすよ、、、。

またしても轟沈。

速いし緊張しまくるしで、自分でもどうしようかと思うくらい

ピッチがとれなかった。これは基礎練習不足ですね単純に。

基礎が出来てりゃここは問題として出てこないところですからねぇ、、、

いやはや情けなーい。

1st最後の曲はブラックナイル。好きな曲でホッとするも、

緊張と失敗の凹みを引きずっていたので内容はウ〜〜ン、、、どうかな、、。

何とか弾ききったわ〜〜(›´ω`‹ )神経衰弱〜〜て感じで1st終了でした。

ノンアルコールビールで喉を潤す。

Twitterのフォロワーさんもいらしてくれていて挨拶をして暫し歓談。

緊張も和らぎトミーさんともほんのちょっと言葉を交わすことができた。

好きな曲の入ったCDを買ってサインもちゃっかり頂いてしまった。

結構長めに休憩を挟み2st開始。




一曲目はオングリーンドルフィンストリート。

カウントからドラムのフィル、そしてベースと入り

ピアノのコンピング、二本のホーン凄くいい。

おおお!ジャズだなぁ!って感じ。

直に4ビートに行かず暫くラテンで保って行く。

ここかここだというところで合図無く皆で一斉に突っ込む4ビート。

実に壮快!スタンドプレーの集合が調和したときの気持ちよさは

アドリブで演奏するジャズの一番の醍醐味。

ジャズプレーヤーは皆これを求めてステージに立ってるんですよね。


ここで僕は選手交代。

僕より10若い女の子ベーシストの演奏で

トミーさんのオリジナル曲、「深海魚の夢」

ゆったりとしたボッサで心地いい。

ベースも上手でしたよ( ´ ▽ ` )ノ 華奢な指でちゃんと弾いておられました。

その後は八戸の若いディーヴァせっちーちゃんとベテランベーシストKubosawaさんが入り、

ユービーソーと星に願いをの2曲。

せっちーちゃんの歌お久でしたが相変わらずの大人っっぽいソウルフルなヴォーカル。

Kubosawaさんは流石ベテラン、ラインの組み方も

自分とは癖の違うレイキングも聴いていてとても勉強になります。

前田さんはアドリブで茶目っ気あるフレーズも。さっすがデス!(`・ω・´)q

トミーさんはせっちーちゃんの用意したスコアに目も通さず

そのまますらりさらりと吹いておられました。

すごいなーーーーー ( ꒪Д꒪)


そしてまた僕の出番となった訳ですが、、、

何やらフロントお二人が次の曲を決めるにあたってもめておられる、、、、

「高速オレオやろか?」

え?( ꒪Д꒪)まじっすか???

できないよできないよそんないきなり高速いわれてもああああああああ!

そりゃもぅもっっっっすごい焦るって!

じゃあやりますかとナッティー君、しかしめくれどめくれどOLEOは出てこない。

しゃーない、コンファメーションやろかって事でコンファメーションスタート。

内心ホッとする。

皆にソロが廻りフロント二人の4バース、注目の師弟パワー対決か!?

しかし何故かお客さん達に笑いが起きる。

なんとナッティー君の唇が吹いてる途中でピリリと裂けてしまって、

ほえほえほえ〜〜〜〜〜と情けない音になってしまったところに

師匠の情容赦無い爆音の応酬、どんどん折れるナッティー君、、、

その様子が笑いを誘った様で、

後ろで見ていてもとても可笑しかった。

そしてどなたかはちょっと解らなかったですがトランペットさんが加わり

三管でBbをやっておしまい。

アンコールはトミーさんのオリジナル曲でSpiciana

テンポの速いサンバで男っぽいカッコイイ曲。

こういった曲はブンブンと弾いてるだけで気持ちよいですね〜。

ソリストが乗れば乗るほど単調で力強いバッキングが弾いてて気持ちよいのですよ。

まぁいろいろハプニングで肝を冷しまくりでしたが、

正直隣に前田さん、アナコンダさんがいらしたお陰でメンタル保てました。

苦笑いして舌を出した時に笑い返してくれる人がステージにいて

本当に心強かったですm(_ _)m感謝です。


いやーーーーしかし!!!!!!

トロンボーンプレイヤーとして17年ぶりに

スイングジャーナルゴールドディスク受賞(ファーストアルバムが!)

しかもそのファーストがNY録音という日本が誇る

ボントロプレイヤーTommyさんとご一緒してしまった!!!


お、俺、、、なんだ???


(;*´Д`)夢みたいだわ。


しかも信じられない事にその数日後のライブに

その日のベースとしてTheご指名を頂いてしまった!

超超超残念な事に用事と重なってしまい、泣く泣くお断りせざるえませんでしたが、

大変光栄極まりないことです。

こつこつ頑張っていればいい事あるんだな〜〜〜しみじみ。

結構東北へ来るらしいので次の機会に備えて抜かり無く精進せねば!

アンプのセッティング、ピッチ、フレージング、そしてメンタル。

また課題も沢山見つかったし。

考えてみたらホーンの人達が好むセッションのスタンダードあんま演奏した事無かったなー。

やらなきゃいけないね、この流れはね。


(;´Д`)とりまOLEOはブッ速でやれる様にしとかなきゃねー、、、、




最後にですが呼んで下さったナッティー君、本当にありがとうございました。

トミーさんをはじめ会場でお世話になった全ての皆さんありがとうございました。

沢山の方に写真も沢山撮って頂きありがとうございました。
※FBの方から使わせて頂きました。

よい記念になりましたm(_ _)m

また宜しくお願いします。







スポンサーサイト
  1. 2013/08/10(土) 01:20:10|
  2. Bass&Music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今夜はお出かけ! | ホーム | そーいえば今朝のウェイト>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://syousetuan.blog.fc2.com/tb.php/884-83a68bf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。