蕎麦屋『松雪庵』二代目 4beatでいこうよ。

松雪庵、原田製麺所の二代目。趣味でBass弾いてる三児の父親。 店のことや音楽のこと、日常的な何でもないこと、そんなこんなです。 鼻唄は常にウォーキングベース♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

素晴らしい味!頂き物ですが(*´∀`)うふふ






オステリア・デル・ボルゴのシェフヒデさんからの頂き物。

三キロクラスの鯛のハラスです。

塩焼きにしていただきました。

しかしこれ、

普通の鯛ではありません。

ヒデさんが自らの手で

生きている鯛の活け〆神経抜きを施したもの。

なんと熟成期間二週間!

すげえ!

普通ならとっくに腐ってます。

すごい。身も皮も艶やか。

真空パックの封を切ると独特なにおいを感じますが、

どちらかというと干物系の香り。

グリルで皮目からパリリと焼いて裏返し、火を最小にして余熱でフワリと仕上げる。

凄いっす。

肉汁じんわりでふっかふかの身。

自宅でやったので塩焼きのみでたが、

このまま吸い物椀種としたり、

そうだなー、茶蕎麦と合わせた蒸し物にするとか、

これはちょっと普通には手に入らない旨さです。

感動しました。

ヒデさんご馳走様でした!




スポンサーサイト
  1. 2013/07/30(火) 21:21:25|
  2. 賄い料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ライブレポ!Maeda & Harada Duo Vol.34 @ らあく | ホーム | 今夜は乾杯。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://syousetuan.blog.fc2.com/tb.php/874-e941cab1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。