蕎麦屋『松雪庵』二代目 4beatでいこうよ。

松雪庵、原田製麺所の二代目。趣味でBass弾いてる三児の父親。 店のことや音楽のこと、日常的な何でもないこと、そんなこんなです。 鼻唄は常にウォーキングベース♪

祝辞上手く言えた_ノフ(、ン、)_ほ。


なんとか無事終わりました。

校長先生からも

「段々上手くなってきたね〜」

とお褒めの言葉も頂けましたし良かったヨカッタ(´∀`)


ほんとほっとしました。


めちゃくちゃ緊張しましたが、

うちのボウズが4年生で会場に在校生席にいまして、

何故か学年最前列に(笑)

その様子を見てたら鼓動も何となく穏やかに。


壇上に上がると子供達を始め全ての目が自分に向いています。

一礼し、何かアドリブで一言二言言おうかと思っていたことが出てきません。

一息ついて原稿をゆっくり読みました。


町内会の子、友人の子や姉の同級生の子、小さな町に住む子達です。

大体みんな知っています。


ホントに立派になりました。

自分の子ではありませんが誇りに思うというか何というか、、、

僕が自分の子の手を引き入学式に来た時、

彼らは3年生、、、

大きくなったなぁ。

顔つきがぐっと大人になった。

秋にお祭りの指導をしたときよりもずっとずっと大人びた。

子供の成長を感じることがこれほどまでに感動するとはね。

昨年度の式では自分は不慣れで極度に緊張し、

そこまで感じ取れていなかったのかもしれないな。

子供の声は素晴らしいですね〜、合唱を聴き泣いてしまった。

感動して卒業式の合唱中毒症になりそうだ(´Д`;)ヒィー


考えてみれば、毎年こうやって子供達の素晴らしい門出に立ち会えるのは

PTA会長の役得と言えるかもしれないな。

大変ではあるけれど、少しやり甲斐というものを感じることができた。

子供の成長は早い。

月日の経つのも同じく早い。

今日のこの子達が大人になり子供の手をひいてお祭りなんぞに参加する日も

この分だとそう遠い話でもなさそうだ。


今度はその時、

今日の日を思い出すだろう。



と、そんなことをぼんやり考えていると胸が熱くなるのでした。



素晴らしい卒業式でした、おめでとう。m(_ _)m








スポンサーサイト
  1. 2013/03/19(火) 13:01:25|
  2. 日常的な
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ライブレポ( ゚∀゚)つ 3/20Maeda&Harada Duo at シャウト! | ホーム | 明日の祝辞、、、胃が痛い(´Д`;)>>

コメント

こんにちわ。

むつ市内の小学校のPTA会長です。

うちの学校は先週の日曜日でした。
お互いお疲れ様ですね!
私の子供も卒業生だったので、私の小学校での仕事は来月の入学式と最後のPTA総会のみとなりました。

会長を引き受けたのは震災の直前でとてもたいへんでしたが、町の子供たちの成長を今まで以上に見守ることが出来て、やってよかったと思っています。

PTA会長って完璧ボランティアなのに父兄からのクレームもあったり、会合が多かったりと意外とたいへんですよね?

副会長にはわかってもらえない大変さがあります。

同じ苦労をしてらっしゃる方が、がんばっている姿を見ると、よし俺も!という気持ちになります。

これからもがんばってください。

追伸:県大会むつ大会には七戸地区からも参加頂きありがとうございました。実行委員は疲れたけど楽しかったですよ!
  1. 2013/03/20(水) 22:12:43 |
  2. URL |
  3. 私もPTA会長 #-
  4. [ 編集 ]

>むつ市の小学校の会長さんへ

ありがとうございます!!
そしてお疲れさまでした!

そうですか〜、お子様とご一緒に卒業なさるのですかぁ、、、これはぐっと来るものがあるでしょうね。

本文にあります様に、あの壇上に立つという事は、とてつもない緊張があります。が、同時に父兄の中で一人しか立てない場所でもありますよね? 僕は至らない会長ですがあの場に立てて光栄極まりなく幸せでした。

来年度は長男が5年、長女が3年、PTAももう暫く続きそうですが頑張って我が子を自分の言葉で送れたら、この役職について苦労した見返りというものを頂けるのではないかと思っております。

それまで、まわりが許してくれるのであれば、頑張ってみようかなと思っております。

心強いエールをありがとうございます!!

なんだかモチベーションが沸いてきました!(笑)
  1. 2013/03/22(金) 00:23:14 |
  2. URL |
  3. マサトシ #-
  4. [ 編集 ]

感動がすぐそこで行なわれているような気持ちになりました。
いいですよね。子供たちの成長そして旅立ち・・・

我々が子供のときには無かった感動を子供たちが
大人になった僕達へ魅せてくれます。

一つ忠告です・・・今年より来年、来年よりその次の年
もっともっと涙腺が弱くなりますからね(o^-^o)ノ
  1. 2013/03/25(月) 19:57:52 |
  2. URL |
  3. OHAMARO #-
  4. [ 編集 ]

>オハマロさん

ほんとそうですね〜
そこにいるだけで泣けてきます。
ご忠告ありがとうございます。
もうその兆しがありますね〜(笑)
自分のこの時にはどうなることやらです
  1. 2013/03/26(火) 13:55:05 |
  2. URL |
  3. マサトシ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://syousetuan.blog.fc2.com/tb.php/777-653dc7e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)