蕎麦屋『松雪庵』二代目 4beatでいこうよ。

松雪庵、原田製麺所の二代目。趣味でBass弾いてる三児の父親。 店のことや音楽のこと、日常的な何でもないこと、そんなこんなです。 鼻唄は常にウォーキングベース♪

夏蕎麦犬も食わぬ

しっかしまぁ


暑いですねぇ〜〜_ノフ(、ン、)_


皆さん体調如何ですか?

残暑バテしてませんか?


だいたい毎年お祭りの頃は暑いんですよね。

やはり店では冷たい蕎麦しか売れませんね〜

それもザルソバではなくてぶっかけが多いです。

まぁうちはそもそもぶっかけがメインの店ですが(・ω・)

人気は定番のイカキク、そしてイカ天エビ天ですね。

翁そば(おきなそばは大根のケンを白髭にみせた大根山盛りのお蕎麦)も

嬉しい事にリピーターがちらほら( ゚∀゚)


今時期はどうしても蕎麦の質が落ちるので

大根オロシとがばばば〜〜っと食べて頂いた方が良いかもしれませんね。

夏蕎麦犬も食わぬという言葉は多分この辺りの言葉かもしれませんが

親父がこの町に松雪庵を開店した頃、

七戸にはそば屋なんて一件も無くて(蕎麦は家庭で十割を打って、ボロボロと崩れる溶ける短い蕎麦を

鳥出汁で醤油味の熱い汁で食べるのが普通だった)


この真夏にそば屋なんて開店して何考えてるんだ?

誰が夏蕎麦なんて食うか。

どうせすぐつぶれるだろ、、、


などと言われたらしいですが、

東京で高度経済成長期に接待等で旨いもんを食いまくっていた親父は

東京で食っていたざる蕎麦を地元で食べさせたかったらしいです。


結局蕎麦粉の管理が出来ない人たちにしてみれば、

梅雨を越した蕎麦粉はカビ臭く、幾らこねてもぼふぼふの蕎麦は

「夏食う物じゃない」

という土着的な考えになっていたんだろうなぁと。


で、

今度はざるそばの食べ方を知らないもんだから

猪口いっぱいにつけ汁を張って細打ちの蕎麦をどっっぷりとつける。


んでもって当然 松雪庵のつゆ、わっかどしょっぺぇじゃぃ という事に。

( ;´Д`)ハァー

親父もオフクロも随分悔しい思いばかりしたな。

地元で期待と真逆のスタートをきった原田家。

傍で見ていた俺も姉貴ガキの頃は荒れる親父しか見た事が無かった。

小学校から帰ると足音を消して二階へ上がった。

友達が遊びに行きたいと言ってもことわっていた。

昼間からヤケ酒飲んで寝てる親父が居るからで、

こそこそといろんな事を静かにやった。


いつ頃やら蕎麦ブームなんて流れもあり、

いつの間にやらザルソバもひろがり、

いつの間にやら松雪庵の蕎麦も太打ちになり、

イカソバ、キクソバでそこそこ名も売れ、

いつの間にやら二十七年経ちました。


夏蕎麦、ぶっかけで食うとンマイケルですよ皆さん!!!(`・ω・´)ゞ








スポンサーサイト
  1. 2012/08/29(水) 17:33:16|
  2. お店(臨休のお知らせなど)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マーズアコライブ~ | ホーム | ぷらっと>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://syousetuan.blog.fc2.com/tb.php/543-65b2d808
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)