蕎麦屋『松雪庵』二代目 4beatでいこうよ。

松雪庵、原田製麺所の二代目。趣味でBass弾いてる三児の父親。 店のことや音楽のこと、日常的な何でもないこと、そんなこんなです。 鼻唄は常にウォーキングベース♪

自分の楽器にほれぼれと、、

はい、知ってます。

楽器は眺めるものじゃなく鳴らすものですねー。

でもですね、ハッキリ言って惚れ込んでます。



MAGGINI,PAOLO GIOVANNI(ca.1610 BRESCIA) マッじーニ、パおロ・ジょバンニ

という高名な作家(楽器)の贋作、写しらしいですが、

それでも100年以上前に作られたかなり古い楽器です。

材はポプラ系の様です。(楽器屋さん曰く)

IMG_2053_convert_20111124174254.jpg

ふうぅー、この角度たまりません(´Д`;)

ヴァイオリンシェイプのオイシー角度。

IMG_2070_convert_20111124174026.jpg

ごっつい背中。

ワレの修理跡がいっぱいです。

IMG_2073.jpg

造りがチョー雑なごっついスクロールww (F字孔も相当に雑w)

ほんとごっつい。よその新しい楽器と比べても1.5倍くらい大きい。

しかしまたこの存在感が(・∀・)イイ!!

IMG_2071.jpg

ネックも本物と同じ3ピース。

他で見たことありませんし、珍しい仕立てだと思います。

ポプラ系のボディだからなのか、

パリパリ、カリカリっとした中にゴツーンと芯があって、

弦のふるえる音、叩いた様に箱が鳴る音、この独特かつ明瞭、ちょっとダークな音が

自分的には最高に好きです。

弦に指を置いただけで箱が反応するって感じで、何時間でも弾いていたくなります。

近代のスプルストップ、メイプルサイド&バックの楽器には出ない音でしょう。

実はコントラバスはこれで3本目。

触ってみたのは10くらいですね。

やっとこの楽器にたどり着いた感じです。

この楽器とFoderaは死ぬまで弾くでしょうし、

子供が引き継いでくれたら最高に素敵でしょうね〜〜(´∀`)

これから乾燥が厳しくなって来ますから、

湿度管理が大変ですが、皆さんもお持ちの生楽器、頑張って冬を乗り切りましょー!(`・ω・´)ゞ

因に、冬はなるべく持って歩きません。

つっぺってぷっころんだら大惨事ですからね

スポンサーサイト
  1. 2011/11/24(木) 21:14:39|
  2. Bass&Music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<窓を開けて新しい風を少し入れよう | ホーム | やることいっぱいあるのに、、、>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://syousetuan.blog.fc2.com/tb.php/161-d0fe4400
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)