蕎麦屋『松雪庵』二代目 4beatでいこうよ。

松雪庵、原田製麺所の二代目。趣味でBass弾いてる三児の父親。 店のことや音楽のこと、日常的な何でもないこと、そんなこんなです。 鼻唄は常にウォーキングベース♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

実は息子に宛てた手紙。


卒業式に配布されるしおりに掲載される来賓の祝辞。

四年間勤めたPTA会長も商工会の先輩に代って頂けることとなり

今年度で最後の祝辞に。

長男が卒業と言うこともあり、

あれこれと思い起こしては

とても感慨深く

何度も何度も書き直して

何日も睡眠時間を削ってしまったので

包丁で指をやっちゃいそうになったり

白目を剥いて天ぷらを揚げてたり。

で、

結局閉め切り当日の今日、やっと提出できた(ほ

最後だしお行儀の良い文にしなきゃなアレかなー

(息子の同級生の親達もきくわけだし、、、)

と思っても何だか自分らしくないなと。

だから先ずは説教じみない様に息子宛に手紙を書いてみた。

で、『お前』的なところを『皆さん』に置き換え

少し整えた。

結局普段ガミガミと言っていることを優しく言っただけみたいな感じになっちゃたけど

まあいいか。

親の代表なんだし、

これで最後だし好きに言わせてよ、、、。




皆さん、この度はご卒業おめでとうございます。

六年前、皆さんと一緒にこの学校の門をくぐった日のことを昨日のことの様に良く覚えいます。

小さな胸をときめかせながら少し不安そうな表情をみせていた一年生達が、

こんなにも立派に成長して見せてくれたことを大変嬉しく思っています。

六年という月日は振り返ってみると思ったよりも長かったと感じているかもしれません。

人間の脳は経験したことの無い体験をすると、その時間を長く感じるようになっているそうです。

それほど皆さんの小学生としての生活の日々が、

沢山の新しい発見や驚き、

そして学びにあふれ、輝いていたということです。

今皆さんの胸の中には、一生懸命頑張った勉強にスポーツ、

怠け叱られ後悔したこと、励まし合った仲間、

喧嘩してしまった友達、沢山の六年間の思い出が懐かしく思い浮かんでいることでしょう。

それはこの先一生、皆さんの宝物として心の中に在り続けることと思います。

自分の誇りにし、大切にして下さい。

これから中学高校と進学しながら、心も体も更にさらに大きく成長します。

何事にも勇気を持ち取り組み、仲間の信じるものを貶めたりせず、

他人の考えを尊重し、自分の意見に誇りを持ち、しかし謙虚に務め、

自分を育む為に自らを彩り、大切な人によく尽くし、健康を大切にし、

欲を持ち過ぎ後悔ばかり嘆く者になることなく、

青春を謳歌し、晴れ渡る大空に向かって胸を張って誇らしく立つ。

皆さんにはいつの日もそうあって欲しいと心から願っています。

皆さんの心の中にはどんな夢がありますか?

どんなに素晴らしい夢を持っていても、

口で言っただけで叶う夢も、成れる職業もありません。

常に休まず急がず、

夢に向かって小さなことを積み重ねるのです。

どんなプロフェッショナルでも最初は何も知らず何もできない。

出発点は皆さんと一緒なのです。

なにより大事なこと、

それは小さなことを繰り返しやることです。

それはつまり「君にだってできる」ということです。

目標は大きく高く、しかしやることは難しいことではなく、

毎日シンプルな簡単なことを繰り返すことです。

長い時間の中でこつこつと、

少しずつ積み上がった煉瓦が大きく、頑丈な建造物になるかの如く、

皆さんは立派に成長してゆくことでしょう。
 
皆さんはこれからももっともっと新しいことを学び、

人間としての魅力を増し、その輝き強めていくことでしょう。

どうかその輝きを曇らせることのないように、

清くたくましく育って欲しいものと願っております。

中学での更なるご飛躍を心からお祈り申し上げます。




と、しおりにはここまで。

壇上からはこーゆーことも言いますよ。

いや、毎度ちゃんと言ってるんですよ(`・ω・´)キリッ!!




保護者の皆様、本日はご立派に成長された生徒達のこの晴れ姿に、

さぞ感慨深くこの上なくお喜びのことと拝察致します。

誠におめでとうございます。

心よりお祝い申し上げます。
 
結びに、校長先生をはじめ教職員の皆様、

六年間子供達を温かく導き、

ときに辛抱強く見守って下さったことに心から感謝申し上げます。

今後とも子供達への変わらぬ愛情を賜りますよう、

深くお願い申し上げまして私の挨拶とさせて頂きます。



小学生のときのとなりの組の先生がたまにブログを読んで下さっているそうで、

(なーしてみつかったんだべ?)

まさとしはちゃんとむすびのことばをしゃべってらんだべが?


とご心配されていたそうで、、、、

TKYM先生、、、

ボクもうすぐよんじゅっさいなのでだいじょうぶです!


一応。


みてるかな?ww







スポンサーサイト
  1. 2015/02/20(金) 21:58:25|
  2. つぶやき的な、
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<蕗の薹♪ | ホーム | お江戸いってきたよ>>

コメント

パチパチパチ〜 (流石)
  1. 2015/02/21(土) 06:23:59 |
  2. URL |
  3. ゆんずぃ #NqNw5XB.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://syousetuan.blog.fc2.com/tb.php/1095-e67b38c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。