蕎麦屋『松雪庵』二代目 4beatでいこうよ。

松雪庵、原田製麺所の二代目。趣味でBass弾いてる三児の父親。 店のことや音楽のこと、日常的な何でもないこと、そんなこんなです。 鼻唄は常にウォーキングベース♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ライブレポ(かるーくね)







昨夜はシャウトにてMaeda & Harada Duo @SHOUT でした!

シンジさんがアツアツプリップリのカキフライとイカフライをご馳走してくれました(*´ω`)

レモンをたっぷり搾って

ブルドッグソース中濃、

うむ。

君はゥマイケルでわないか。

あ、すんーーごい美味しかったです。

シンジさんご馳走様でしたm(_ _)m


なんだかんだで超々久々のデュオ。

(暫くトリオが続いてたので)

楽器の音色も味わいたいし、

せっかくなのでアンプラグドで演奏。

黒本(セッション向けスタンダード集)をパラパラとめくり、

特訓モード起動、

開いたところを初見で演奏する。

久々のデュオで音、ピッチ、リズム、

全く誤魔化しが効かない緊張感もなんだか心地いい(*´ω`)

デュオならではのシンプルなサウンド、

デュオならではの魅力を堪能できました。

ソロも良いとろこ悪いところ思うところいろいろ、

でも最近取り組んでいる基礎練習の効果も自分の中では感じれたし、

よし、このまま地道に進めば大丈夫だとも思えたです。

所々リズムや読譜のレクチャーもしてもらいましたし

とても良い夜でした。

後半楽しくて楽しくて

体調崩し気味だった前田さんに気を配れなくて申し訳なかったです~

(´・ω・`)ダメネ~

3ステまでやらせてもらってありがとうございました。





iPhoneから送信
スポンサーサイト
  1. 2014/10/22(水) 14:10:06|
  2. M & H Duo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

帰宅った!




帰宅ったー!


今夜も楽しくて楽しくて楽しい夜ですたよ!(*´ω`)ノ 


トリオであまりやらない曲沢山弾いたし満足満足!



シンジさんの手料理の差入れ牛の煮込み、


うんまかったっす!




iPhoneから送信
  1. 2014/05/22(木) 01:15:04|
  2. M & H Duo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ライブレポ!てほどレポートしないけどヽ(*´∀`*)ノMaeda & Harada Duo @SHOUT Vol.41







しばーらくぶりのライブレポです。

先ずは写真のシャウト特性焼鳥とレタス蟹焼飯を眺めながらビールぷしっとしてください。

んめど!これんめど!!

1/29にひっさびさのデュオでした。

最後にデュオやったの何時だったかな~、二ヶ月は間が空いたはず。

最後のレポの後一回演奏して、あとはもうひたすら仕事だったので。

トリオも二回ありましたけど、とにかく久々のデュオでしたヽ(*´∀`*)ノ

僕の腰が調子悪かったんですが、新兵器のアップライトベースが非常に役に立ちました!

うーん、NSDesign選んで良かった。

スタンドで自立するのがホントに楽!

自分で支えなくて良いので慣れると本当無駄な力いらないし体に負担も少ない。

音はそれなりに電気的な音だけど、バスターウィリアムスさんみたいな感じでわりといやかなり好き。

だからウッドベースはベルベット弦かチンさんに教えて頂いたラーソンのガット弦にしようと思います。

でもプレーンガットにしたらテールガットも変えなきゃならんのかな?

それは大変だからちょっと嫌だなぁ(;・`ω´・)お金かかる、、、

ホ寺のマシューさんも持って行きまして二刀流。

エピファニアンプは何繋いでもすげーいい音。

前田さんも音すごい良いねぇ~良いねぇ~と絶賛してくれたので嬉しかったヽ(*´∀`*)ノ

選曲は久々のマッタリデュオだったので、最初は調子付けにスタンダードをゆっくり丁寧に弾いて、

そこからベース持ち替えながらコンテンポラリーの仕込みモードへ。

シンジさんがおつまみを作ってくれたので僕もドリンクを有アルコールへチェンジ。

僕なりに感謝の気持ちがあるので、しっかり飲んでお金を使って来たいという気持ちがあるわけで、

地元で演奏ということもあるしお酒飲ませていただいておるわけでございます。

前田さんにはいつも僕だけ飲んで申し訳ないのですががが。

酔いもまわり調子もついて?だんだん掛け合いも楽しくなって、

ちょっとブランク有りの不安もすっ飛んでしまいた。

やっぱ音出すと幸せですね(*´ω`)

デュオなのでソロもなるべく2コーラスかそれ以上とるようにしました。

何曲かロストしちゃいましたが前田さんが伴奏で教えてくれたので何とか生還(苦笑)

まぁやっちまったものは仕方ない、次がむばる。

じつは前回のは1/15はホロタさんとのトリオでしたが楽しかったな~

ホロタさんも前田さんも仕切りを1番ペーペーの僕に任せてくれるのでほんっと勉強になります。

選曲、カウント、難しいけど

勉強になる上にめちゃんこ楽しい。

ホロタさんはとにかくベース、ピアノをフレーズ単位でよく聞いてくれるので、

何かチョロっとやるとチョロっと返してくれるし、

絶対自分からコンタクト無しにビートを変えたりしないので

ベースがベースとしてベースらしい仕事をさせてもらえる感じがあるんですよ。

ベースが構成を作って曲全体の雰囲気を作る、そーゆーことを自由にやらせてくれるので

この上ない腕試しができるんです。お二人に感謝です。

自由度の高いSo what なんかだともう楽しくて楽しくて、

前田さんのソロが終わってベースとドラムの掛け合いになると正にフリーダム

、おおおどこ行ったーー!?てなってもブーメランの様に帰ってくるし、

カンタループなんかもう何無茶しても前田さんもホロタさんもさらりと外して戻ってくるりんぱみたいな。

ここ何度かのトリオは曲によっては余りに飛ぶので楽しすぎて(お客さん受けも良くて!)

僕に限ってですが、『瞬間力技的なザ・パフォーマンス的なプレイ』が身に付き過ぎると

プレイが雑になるのではと頭をよぎるので、

デュオの時は丁寧に丁寧に演奏しなければならないなぁ。

と改めて帯を締め直す気持ちになるのでした(=゜ω゜)q

今年もモリモリ演奏して楽しもうと思いますので皆様よろしくお願いします!

レポ?これレポ?



  1. 2014/01/30(木) 22:06:38|
  2. M & H Duo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ライブレポMaeda & Harada Duo @SHOUT ( ´ ▽ ` )ノ

9/18日、Maeda & Harada Duo @SHOUT Vol.38

1st : will be together again / very early / voyage /
you don't know what love is / you've changed / the surrey with the fringe on top /
the summer knows / so in love / the courtship / twilight song /
samba de orfeu / solor
2st : serenity / seven steps to heaven / recorda-me / pasolini /
no probrem / nada sera como antes / happy times / captain's song /
black nile / for minors only / so what / four / autumn leaves /
alter ego / the chicken / water lily
以上27曲でした。



10/2Maeda & Harada Duo @SHOUT Vol.39

1st : all of you / alice in wonderland / alone together /
bye-ya / blue moon / brazilian suite / corcovado /
come rain or come shine / danny boy
2st : the days of wine and roses / twilight song /
speak low / sunshower / stella by starlight / mona riza /
3st : hush-a-bye / desafinado / four / giant steps /
blue monk / very early / on green dolphin st /
saga of harrison crabfeathers
以上22曲でした。


日をおいて録音聴くのも良いかも!

(だって直後は落ち込んでるときおおいもん。)

あ、ちょっと良いフレーズ出てるな、と思えるところもちょこちょこ。

いかんいかん!自分に厳しく!(机ドン!

最近ウッドを持つ時の左手のフォームをかえました。

元々のフォームは中指の下に親指がくるエレベ的フォーム。

ようつべで何となくレイブラウンさんの動画を見てましたら

あれ?親指あそこなんだ、へーー、

そういやチンさんも、、、

もしや?と思い交響曲検索してバス弾きさんを観察、、、

あーーそうかそうか、やっぱりそうか、

ウッド持って10数年、今気付いたよ遅!!!

真似というかもうそれに矯正したんですが、

良かった点は表の指4本がバランスよく配置出来る様になった。なった?なったの?

自然と手首と肘が楽になったよな気もしないでもない、うん。

悪かった点はいや悪くはないんだけど、

使う筋肉が変わって今のところ非常によく疲れますはい。

もう少し慣れて来たらピッチも安定してくるかもね〜〜。

とまあセトリのメモみたいなレポでしたが、、、

ライブに関してはコンテンポラリーに苦戦する日々でございます。








  1. 2013/10/12(土) 16:27:20|
  2. M & H Duo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ライブレポ!Maeda & Harada Duo @SHOUT Vol.37


9/11はMaeda & Harada Duo @SHOUT Vol.37でした( ´ ▽ ` )ノ

1st : jeannine / lovefor sale / recoda-me / 'round midnight /
sunshower / solar / so in love / tenderly / blue moon /
brazilian suite / ceora / funkallero
2st : just friends / on green dolphin st / saga of harrison crabfeathers /
soul eyes / this masquerade / there will never be another you /
what are you doing the rest of your life / come rain or come shine /
serenity / slter ego / straight no chaser
3st : oleo / happy times / water lily / rhythm-a-ning /
stella by starlight 以上28曲。

ご常連さん達が玉突きを楽しむ中、

練習モードで沢山やらせて頂きました。

暫くやってない曲、苦手な循環系やきめの難しい曲もバンバンと。

そんなんなんでまあ(いつもですが)僕の演奏はへなちょこなんですが

オングリーンドルフィンストリートは聴いてて少し良かったな〜

流れに乗れてるな〜〜って感じでした(*^ิ 艸 ^ิ)


たまには少しぐらい自分を褒めてもいいよね?

(*^ิ 艸 ^ิ)


  1. 2013/10/01(火) 22:13:41|
  2. M & H Duo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ライブレポMaeda & Harada Duo @SHOUT Vol.36


9/4はMaeda & Harada Duo @SHOUT Vol.36でした( ´ ▽ ` )ノ

なぜか15分程度しか残っていない(多分アプリのエラー)

録音を聴きながらこの日のことを思い出すと、、、



この日は前日の夜はラウド麺の仕込み、

そして早朝の配達。

工場に戻り道に駅へ納める茹で蕎麦の製造。

配達からの店の昼営業、

午後に工場に戻り、朝の片付けと翌日の配達の支度。

段取り的にはちょっとキツい重なり方の日でした。

仕事を始める前に住まいの棟に行き

アンナの様子をみる。

もわわっとする部屋の空気を入れ替えるため窓を開け

網戸にしてアンナをもふもふして工場へ。

小一時間程してふと母屋へ行くと勝手口の網戸が!

いない!

いないいない!

頭真っ白!

それから2時間徒歩&チャリで半ベソかきながら散歩コースをぐるぐる。

10数キロは走ったと思います。

家のところへ戻って

(" TДT)あ"ん"な"〜〜〜!!! あ"ん"な"ぁ"ぁ"ぁ"〜〜〜!!!

どごさい"ったどーー!!!!

と泣き叫んでいたところに向かいの茂みの方から

いつもの『ゴメンナサイ歩き』

頭を低くしてちょちょちょちょ〜と小走りしてきて

涙目でウレション、、、、。

(;;"´Д` )あ"ん"な"っ!!!!うおおおお!!!!

よおおおおおぉぉぉぉ〜〜しよしよしよしよしぃ〜〜!!!


俺もウレション、、、、はしてない、、、。

余程怖かったのか抱き上げるとちっっっちゃくなってプルプルと震えてました。


そんな大事件があったこの日、

仕事疲れとすんごい事走ったのとで

もっすごいビールがまわるまわる (*´∀`)o彡°びーる!びーる!


あれ?でも何で酒飲んでたんだろ!?

そこがこの日の謎なんだけど、

なんせ手がかりが15分くらいしか、、、、

最初に演奏した新曲のイントロがへべれけで

ベースも指定のリフがあったんですが、

何遍教えてもらっても合わせられない、、、アホ、、、。

すいません今度にして下さいと行っているぞ俺、、、、

次も新曲のMinority(多分お客さん居ないんで

んじゃ新曲からやりますか〜パターン)

乗り切れないで一度演奏を止めてしまう。

再度スタート、まあダメなりに弾ききる。

ここで音はぷつりと、、、。

まあ疲れてるのと

ダイエットで空きっ腹でアルコールが急激に廻り

目がチッカチカしてスコア見るのが大変だったのは覚えてますはい。


まあ、たまにはこんな日も

あ、

こんな日ばかりだ。


おれ、こんな日ばかりだよ、、、、、。


( ꒪Д꒪)


ちっともレポートになっていないですなーー。


  1. 2013/09/28(土) 20:50:46|
  2. M & H Duo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ライブレポ〜Maeda & Harada Duo @SHOUT Vol.35

ご無沙汰でしておりましたライブレポですが

ぼちぼち書かないと大変ですから(ぐぬぬ、溜ってるな

8/28 Maeda & Harada Duo Vol.35でした〜( ´ ▽ ` )ノ

1st
all blues / ceora / my man benny / hermitage
black nile / round midnight / little waltz
bye bye blackbird / come rain or come shine /
funkallero
2st
i'll remember april / donna lee / emily
you don't Know what love is / dolphin dance
very early / there will never be another you
mona riza / on green dolphin street
3st
alter ego / water lily / straight, no chaser

前回の楽しいセッションから再びデュオにもどり

どことなく寂しさを感じつつも気を取り直し

いつもの様に始めました。

新曲の譜面を頂き、1曲目を何にしようかいつも悩む僕は

そういえば前回オールブルースでヘマやらかしたよな〜(苦笑)

ということを思い出し?一曲目はそれw

次曲にも悩み、じゃあ新曲からやりましょうと

新しい譜面3曲。

前田さんは良い曲沢山知ってるな〜と関心しますが

考えてみれば400を超えるレパートリーのバンドの方ですからね〜

当たり前ですよね。

同級生でバンド仲間のおりちゃんとバンド仲間ではない同級生のBAさんが

聴きに来てくれていて、前回の賑やかなライブから

ポカッと抜けた様な心の寂しさというかなんというか、

そんな隙間を埋め合わせてくれました。

友達っていいですね。

お酒も頂いて気分上々、笑い合って楽しかったな。

前田さんとも代行を待つ間結構沢山喋れたし、

特にベーシスト談義に(自分だけかも)花が咲きました。

録音聴くと自分の演奏はいつも通り良いとこなし。

毎度毎度後から聴くとグッタリしますが、

演奏してるときはとても楽しいので

それが聴いてる人に伝わってくれれば僕は今はそれで良いと思ってます。

それで精一杯です。

頑張っていつかそれなりに技量がついたら

アドリブの内容で聴き手を感動させたいですね。

がんばろう!

しっかし俺ってミディアムスローのビート感ゼロで死にたいぞと。


せんせー、はらだくんのびーとがありませーーーん

やれやれ、こくじんのちをゆけつしておきなさい。

はーい(ちゅうしゃぶすっ)

おおおおーー、はらだくん!くりすちゃんまくぶらいどさんみたいになって

よかったねーーー!!

ねーーーー!!

ぱちぱちぱち(みんなのはくしゅ)


とはならんものだろうか、、、、、。








  1. 2013/09/24(火) 23:30:40|
  2. M & H Duo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今夜はMaeda & Harada Duo @SHOUT です!










おはようございます(もう10時苦笑)

昨夜のお仕事が夜中に終わり倒れるように寝て軽く寝坊しラーショの配達に遅刻するという失態を犯した朝でした。バカ!(太腿を拳でバン!)

というわけで今夜はMaeda & Harada Duo @SHOUT でございます。
最近忙しいふりばかりしてレポートをサボってゴメンナサイですが、
後ほどダイジェストでお送りしたいと思いますのでよろしこ。

さてさて、世のウッド弾きさんは皆悩む音作り、特にピックアップですが、皆売った買ったして大枚叩く割にはなかなか相性の良いものに出会えず苦労します。と思います。

僕も色々なサイトやブログを覗かせて頂き参考にしましたので、又誰かの参考になれば良いなということで僕の駒周りを紹介します。

ピエゾはリアリストとウッディ、コンデンサーマイクはオーディオテクニカのATM35です。

リアリストは少し出力が劣りキンキンしない自然な音でエピファニと相性が良いですね。プロにも使う人が多いようですし(だから何なんだ)ハイファイなアンプと相性バッチリです。アルコが太い音で出ます。

ウッディは出力も十分、特に高音が良く出ますのでアンプでイコライジングして丸味をつけると良い音がします。
いかにもピエゾな音ですが、逆にJAZZらしい音だなとも思います。古いタイプのアンプとの相性も良いですね。

コンデンサーマイク、本当にこれが一番良い音がします。メーカーサイトでは駒にクリップで挟みFホールから集音する写真が載ってましたが、DPA4099の付け方を真似しましたら、これが抜群に良かったです。駒に大工用品のクランプみたいなのを短く切って挟み、そこにクリップで止めています。
キャノンをフォンコネクタに変換してアンプにぶち込んで何度かライブしましたが、結構良いと思ってたんですが、どうも高音が耳に障るのでやめました。今はエピファニとリアリストで演奏してますが、PAにつなぐなら絶対オススメでしょう。でもいちいち下手くそなベース一本の為にお店のPAに電源オンしてもらうのも相当気の引ける話なので今のところお道具箱の肥やしになってますが。本当はミックスしてアンプから出したいところですが、エピファニではちょっと無理(代理店のKさんとも相談しましたが)なようです。
感ですが、ボーズのミニPAシステム(名前忘れた)、あれがバッチリ行くんじゃないかなーと睨んでおります。
本当にマイクは良いですよ、楽器がそのまま大きくなったんじゃないか??と思うほど『アンプ感』が無いです。
今度知人に借りてやってみようと思いますのでそん時は又軽くレポしますね。

ではでは!


iPhoneから送信
  1. 2013/09/18(水) 10:46:12|
  2. M & H Duo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ライブレポ(;*´Д`)ノMaeda & Harada meets young jazzmans@shout

8/14シャウトでした( ´ ▽ ` )ノ

この日は改装後初のアマチュアバンドマンによる演奏だったんですね〜。

ちなみにこけら落としはエリカちゃんバンドでした。


そしてそして、この日は津軽方面から前田さんのバンドから

ドラムの田中君(同じ歳!)from蟹田!

ヴォーカルうりちゃん(ちょい下めんこい!)from弘前!

ピアノに木村君(10コ下!)from弘前!

同世代の若いジャズメンが五人集まるというので

朝からいや何日も前からめちゃんこ楽しみにしてました。

仕込み仕事をバッタバッタと片付けお店に駆け付けると

前田さんと田中君が既に到着していて準備をしてました。

僕もこの日は相当気合いが入っていたので、

(もしかしたらホロタさんも来るかも!と聞いていたので!)

ほでら2本とウッドのフル装備で出撃でした(`・ω・´)キリッ!!


久しぶりに会う田中君、そして改装間もないシャウト、

否が応でも高ぶる気持ち!前田さんもそうだったに違いない。

ばたばたベースをセットし音をチェック。

そのまま三人でオールブルースを始める。

しかし

( ꒪Д꒪)???????

あれれ??

何かお変でございますね???


すごく音程が取り辛い、、、。

弾いてて気持ち悪いし前田さんも若干そういうお顔をしていらっしゃる、、、。

しかし演奏は止まらないし止められない。

むむむ、右手側で田中君は目を閉じレガートを打ち続けている、、、。

箱が広くなって音作りが合わなかったのかな〜〜

やばいなーーやばいなーーと若干パニクりながら指とポゾションを見る。

僕のウッドは珍しい3ピースネックでまん中の材の継ぎ目が

(わざとかは解らないが)丁度Cの所にあるんですが

なっ!暗くてわからーーん!!


結局なんだかしっくり来ないウェルカムブルースになってしまった。

後日気付いたんですが、アルコの練習するのに

エンドピンを5cm高くして下げるのを忘れていました俺の馬鹿!(自分にアイアンクロー)

そんな事その時は頭になくて、

またクロマチックチューナーの使い方が間違っていたのだろうかと不安になり

こそらっとチューナーでチェック。

が、動揺して集中出来ない。クッソ(失礼)

そんなことしているうちに前田さんの電話がなりうりちゃん到着!

以前寺山修司記念館でちらりとお会いしただけだったので

ちゃんと面と向かってご挨拶するのは今回が初めて。

弘前からまぁ遠いところをやあやあ( ´ ▽ ` )ノと、

とても気さくで笑顔の素敵な可愛らしいうりちゃん、

とりあえず少しインストやる間に歌もののスコアを準備して頂く。

そんななかホロタさんからもメールが入り後で行くよ〜とのこと。

やった!

alone together、body&soul と二曲インストで演奏。

うりちゃんの選曲でMoon River、Misty

うまい!いい声だし、ちゃんとソリストのやってる事もわかってるし、

この若さでこれ位ちゃんとJazzを歌える(ジャズを理解してフロントマンと演奏を組み立てられる)

ヴォーカリストが知り合いに居なかったし、うう〜〜んゴイスーとうなってしまった。

マスターのシンジさんやご常連さんにかなり気に入られていましたが

聞くと弘前でも人気のヴォーカリストだそうで納得。

ここで1st終了。

その後木村君やホロタさん達も合流(どの辺りでいらしたのかはちょっと忘却)

折角だから何か食べようよ!僕が払うから!と名物のピザやらナポリタンと注文。

いやいや今夜は私が持つから!と前田さん、結局帰りに払わせてしまったし、

その際にシンジさんにもお心頂戴してしまった様で、

ホストとしてはもう本当に感謝感謝なのでした。

そうそう、差し入れ頂いたカンパチの和風なカルパッチョもとても美味でした。

シャウトは何食べても美味しいですよヽ(*´∀`*)


2stはブルース、酒薔薇から。

出だしのピッチはやはり怪しい(涙)

それもそうだ、、、ポジションがいつもと上にズレているのでどうしても#気味になる。

I'll Remember Aplil

そこしずつ修正が効いてきたかな〜?といった感じだけどまだまだしっくりしない。

田中君、上手いなぁ。

ちゃんとジャズのドラムです。

ぽい とか 風 じゃないですもん。

やっぱり根っからジャズ好きじゃないとこうはならないなぁ、、、。

同じ歳なのでお互いに気楽でいいですね〜〜 (*´∀`)

ピアノをバトンタッチし木村君とトリオでMy Foolish Heart

木村君も緊張しながらイントロを出してくれましたが、

申し訳ないくらい僕のピッチが悪い。

現場ではここまで酷くない気もしたんですが、、、

録音聞くと死にたくなりますねマジで。

まあこの回のライブが元で弦を張り替えたんですが、、、

じつはダダリオザイエックスを二年張りっぱなしだったので

それも耳聴こえの悪さにつながってしまったのだと最近わかったのでしたトホホ。

弦はケチケチせず頻繁に張り替えましょうね〜ってコンバス弦超たけぇよ!(机ドン!

うりちゃんを交えThe Gift / Cry Me a River

みんな上手いな、、、。

邪魔してるのは僕のベースだけですね、、、ぅう泣きたい。

ここで2st終了。

3stは前田さんとトリオでBlack Nile / There Will Never Be Another You 

得意なというか好きな曲と早めのテンポで調子をあげて行く。

ホロタさんとSo What。 モードの曲はコード進行から解放され

ベースとドラムの掛け合いが楽しい。前田さんモードも本当上手い。

僕なんてモードほどネタに困るのもないけど、

前田さんは何コーラスも行けそうです。

そしてここに来てブッ速の枯葉。

酔っぱらった勢いで(あ、飲んでましたかんぱーい)テーマなんぞを弾いてみる。

客席には地元の大先輩音楽家で日本屈指のマリンバ奏者、新谷祥子さんが。

シンジさんんと同級生だそうで帰省なさってたのですね〜、

もうね、これはもうアレだ、気迫だけで行くしかないアレだと。

ちゃんと聴いて下さっているご様子で拍手も下さいました。

ここで3st終了。

一旦座ってビールを流し込む。

楽しい!

お代わりを注文しにカウンターへゆくと新谷さんにお声頂き、

今度のここでのライブに来て一緒に演奏しませんか?と夢の様なお誘いを頂き舞い上がるも

その日は仲間と集まる約束がありお断りせざるをえず、残念だったなぁ、、、。

また機会が有りましたらそのときは是非是非!と席を失礼して戻り、

前田さんや田中君達に話すと一緒に喜んでくれた。

演奏を聴きかえすとゲンナリとしてしまうけど、

その場では新谷さん程の方の耳にも届く熱というか、

ガッツある音が届いていたのかな?と今になって内心少しホッとするのでした。


4stは木村君がピアノで(というかこの辺からメンバーの編成の記憶が曖昧ですが聴いた感じで)

ドラムがホロタさんの娘さんだったかな?間違ったらごめんなさいw

トリオでOn Green Dolphin Street、Softly, as in a Morning Sunrise、

木村君もこの若さですごく上手い。

荒削りだけど思い切り良く遠慮なく突っ込んでくるしフレーズもいいなぁ。

若いしまだまだこれから有望だな〜〜。

うりちゃんとWhen You Wish Upon a Star、バードランドの子守唄、

You'd be so nice to come home to 

( ˘•ω•˘ )むむ、うりちゃんよくぞあのベースで後ろを向いて

ちゃんと弾け!と言わず歌って下さいました。

申し訳ない気持ちでいっぱいでございます、、、orz

ホロタさんと前田さんとトリオでCantaloupe Islandをば。

ポピュラーなセッションナンバーですが実はお初。

かろうじてスコアだけはあったんですが二行にピチピチの書き混んでて見にくい。

前田さんのリードを頼りに何となく掴むのに2コーラスくらいかかる。

酔ったな〜〜

田中君達がドラムに絡むベースラインかっこいいと褒めてくれたのが嬉しかった!

ここで4st終了。

歓談を楽しみいささか酔いを回し5stへ。


せっかく持って来てるのでホデラのフレットレスに持ち替える。

ここがこの夜最大の修羅場と化す事に、、、。

前田さんと田中君とトリオでAlter Ego

イントロから超違和感、、、何本かチューニングが半音ずれている。

((("´Д` ))あ”あ”あ”ごめんなさい!もう一度おながいします!

もう今度からはクロマチックチューナーは使わず

音叉とハーモニクスで調弦しようと心に決める。

仕切り直して始めるもウッドからエレベに持ち替えた途端に

モニターを切った様な感覚になる。

ウッドはちょっとしたモニター抱いて弾いてる様なもんだしなー、

店が奥行き深くなって音が返ってこない感じ。

それが原因か酒に酔ったからか、、、じぇんじぇん弾けない。

言い訳言ってしまえばアレなんだけど、ここ数週間、

殆どエレベに触っていなかったのでそこも祟ったのか、

まるで他人の楽器の様にしっくりいかない(涙)

軽い曲で気を取り直そうとピアノを木村君にお願いしてチキンをやる。

うーーん、やってる時は楽しかったんだけどなああ〜〜

今聴くと完全に、完全に楽器に嫌われている(苦笑)

スパッと切れずぐだぐだのエンディングで

ホロタさんと前田さんにバトンタッチ。

三つものやろうよとホロタさん、

うーん選曲に悩む。

前田さんの提案でサーガ・オブ・ハリソン・クラブフェザースを演奏。

テーマは僕のリードだったんですが、

自分の出す音と手元のイメージがまるで噛み合ず弾きながら心が折れる。

弾き終わってそのまま頭を抱えしゃがんでしまった。

聞き返してみるとやはり頭のテーマはピッチがががが、、、

あとは思う程酷くも無く(といっても上手くはない)

やはり気持ちが砕けていた模様。

次曲Solarを速めでやって終了。

もう今夜はエレベ弾かないぞと心に決める。

そして一旦ステージを〆ろうかなというところで

お声が掛かり、新谷さんと一曲演奏する事に( ´ ▽ ` )ノ

すかさずウッドに持ち替え新谷さんが出す音に耳を凝らす。

イントロは適当に合わせてと〜言って弾きだした切なげなメロディに

アイサのねーちゃんと民謡インプロをやった時の様に合わせる。

歌いだすと新谷さんの作詞での「朝日のあたる家」だった。

知っている曲だったので歌詞の上にふった小節割りのないコードでも大丈夫でした。

握手をしてお礼を言うとこの辺でもこんなにホットな演奏している方達がいるなんて!

と逆に喜んでいらっしゃってようで、この辺に居るのが勿体ないともお褒め頂いたけど

いやいやそこは本当に自分に見合わないお言葉だし、なんだか心底こそばゆいのでした。

ステージを降りると皆さんがおつかれ〜と迎えてくれワイワイと盛り上がる。

演奏で多少へこもうがそこは同世代。

いや〜やっちゃたよthprと舌をだしてもいやいやドンマイ、

楽しいからイインダヨ委員だよ!

本当にホントに楽しい。

しかし時間はきちんと経っていて

田中君うりちゃん木村君に時間は大丈夫?と聞くと全然大丈夫!と。

このメンツが次にいつ集まれるのだろうか、、、そんな事を思いながら時計を見て

そろそろまたやろうと6stに突入。

うりちゃんの歌からスタート。

曲名はちょっと忘れちゃったけど、

可愛らしい軽快な4ビート。

短いMCを挟んでバラードGood Life

ううーん素敵。

シャウトに来ていたお父様方が次はいつ来るのかと聞いてくるのがよくわかる。

すごくいい。

二曲歌って、弘前から来ていたうりちゃんはこの夜の別れを惜しみ惜しまれ帰路に。

すぐさま始まるFブルースはすっかりリラックスして楽しんでいる田中君のドラムが心地よい。

楽しくて僕も何コーラスか長めにソロを取り木村君にいたずらなフレーズで煽ってみたり、

自分ではこの夜一番いい演奏だったかもしれない(笑)

そしてピアノを前田さんにタッチ、ここでGiant Steps

テンポもオリジナルの演奏位に速い。楽しい!

田中君のレガート、スネアがビッシビシと合う。気持ちいい!

客席からもかっこいい!とお声頂いたし良かった!

前田さんは貫禄のテクニック、全然音をこぼさないし改めてその実力に唸る。

僕は実に恵まれて過ぎていると心底思いました。

エンディングナンバーはconfirmation

軽快で楽しいテンポでビートに乗る。

約40分を6セット、しかし指がまだまだ弾きたがっている感じで名残惜しい。

しかし木村君と田中君の帰る道のりを考えると時間はもう限界。


必ずまた集まろう!また一緒にジャズをやろう!と握手して肩を組む。

再会が何時と確証できないのがお互い解っているだけに辛い。

田中君は転勤族、木村君は東京暮らし、

楽しい時間はそう長く続くものじゃないのは解っている。

だからこそこの短い時間を大切に感じ、

心から楽しめたのだな。

新しくなったシャウトの新鮮な胸の踊りとこの夜の楽しさが、

目を閉じプレイバックするとまぶたの裏の赤色が

店の床とスポットライトの赤色にかぶってぼんやりと

浮かび上がるのでした。




  1. 2013/08/31(土) 20:40:14|
  2. M & H Duo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ライブレポ!Maeda & Harada Duo Vol.34 @ らあく

7月24日はらあくでした!

自分の中では随分と日が経ち間が開いてしまった様な気もしますが

それもその筈、

水曜にらあくでライブ、土曜に三沢レッドノート、

そして月曜に八戸フラット。

一週間に三本ライブって今まであったかな〜〜。

そんなもんだから先の水曜が遠く感じてしまたわははは。


この日は一級上の先輩が八戸から聴きに来てくれたり、

うちのご常連マダムも来て下さったんですが、、、


※セトリは割愛


セッティングを終えアイスコーヒー(アイコーは好きなんだな〜)

で血糖値を上げ集中力をスイッチオン!のつもりなのだけど実際はわからまへん。

新曲の楽譜を数曲頂戴したのでじゃあそれからやりましょーと言う事で、

前回頂いた新曲もお浚いに序盤に演奏。

んじゃこれーと当てずっぽうに選んだ楽譜、

一曲目がなかなかリリカルなセツメロのバラードだったww

でもまあ僕はバラードから始まるのも良いな〜て思います。

てか、好きです。

そんななか初見演奏で楽譜から目が離せなかったんですが、

お客さんが入ってくるのはちゃんとわかるんで、

声で あ、誰々さんですな? てわかるんです。

なのでうちのご常連がいらしたのはわかったんですが、

他にも何となく聞き覚えのある声が、、、、。

曲が終わって席の方へ目を向けると

( ꒪A꒪)!!?? HISAKOオバサマ!!?? 何故ココニ、、、

幼なじみリョウちゃんの北海道のオバサマが。

『まさとしちゃーーん!聴きに来たわよーー!』

と。ぐぬぬ、、、、

嬉しいやら恥ずかしいやら、、、抜き打ちとな、、、

やりにくいでわないかっw

因にまさとしチャンと呼ぶオバサマは2、3人しかいない。

ハイ!3?歳マサトシチャンです!!!


多分ずっと言われますが

まぁいいか。

ああ〜小綺麗な格好で行っていて良かった、、、。

ということでマダム達へ配慮しつつ選曲、

といっても先週の新曲がとても良くて、今夜も弾きたいな〜と思っていたので

そのまま進める。

45分程度で1st終了。ちょっと休憩を挟んですぐ2stに。

引き続きその譜面を弾き進める。

録音を聴くとやはりピッチが、、、

ちょっと次のライブまで日が開くからなるべく基礎練習に徹しよう。

うんそうしよう(`・ω・´)キリッ!!

マダム達もお帰りになり少し気も抜け練習モード。

ソロもなるべくハイノートを頑張って使ってみる。

なかなかメロディックにならない。

アイディアが乏しいな、、、。

リュウスケ君が時間気にしなくていいよ〜と言ってくれ、

お言葉に甘えそのままぶっ通しで練習モード。

本当ありがたいな。

結局2stは2時間になりましたが、そんなに長くは感じませんでしたね〜。

後半に月曜の共演させていただくTommyさんの曲の仕込み(予習)を

させて頂いて前田さんには本当感謝でしたm(_ _)m

最後の最後、前田さんが

「そーいやマサ君今日テーマ弾いてないね〜、何かやる??」

と。

おおおそーだったそーだった。と言う事で

オン・グリーン・ドルフィン・ストリートを。

おおそうだったついでにアルコで思いっきり弾いてみた。

テーマを弾き、そのままワンコーラスアルコでアドリブソロをとって

ピッチカートでもうワンコーラス、そのままピアノに渡してランニング、

4バースして最後の4小節のピアノソロの間にアルコを持ち

エンディングテーマ。

なんだそうかこの流れでやればアルコの持ち替えスムージーじゃんか


てことに気付いた夜でした(今まで考えなかったのか!机ドン!


そうこうしてるとリュウスケ君が賄いを作って来てくれた。


おお〜今夜は 肉 や !




大好きなポーク&チキン!!

ダイエット中なんだけどそんなの忘れるいやもう本当もう幸せ♪

毎度ほんとに感謝でした。

シャウトもそろそろ新装開店なのでMaeda & Harada Duo@らあくは

この日で一旦おしまいです。

リュウスケ君、来て下さったお客様、ありがとうございました。

今後はワインパーティーなどにもしかしたら呼んで頂けるやもしれません。

そのときは皆様宜しくお願いします( ´ ▽ ` )ノ


また、来月8月のMaeda & Harada Duo @SHOUT は14日水曜日より再開です!!

14日は青森から前田さんが素敵なゲストを連れて来てくれるそうで楽しみです (*´∀`)

皆様ぜひぜひ!!




  1. 2013/07/31(水) 05:39:59|
  2. M & H Duo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。