蕎麦屋『松雪庵』二代目 4beatでいこうよ。

松雪庵、原田製麺所の二代目。趣味でBass弾いてる三児の父親。 店のことや音楽のこと、日常的な何でもないこと、そんなこんなです。 鼻唄は常にウォーキングベース♪

この人、この一曲『better git in your soul/charles mingus』


気がついたらこのコーナーお久しぶりだった。

ここのところ、

深く知れば知る程気持ちが傾いてゆくミンガスさんの世界。

うう〜〜ん、はじめて聴いた時は濃すぎて続けざまに聴けなかった。

ライブアルバムが30分くらいのブルースが二曲だけ〜とかもあって

びっくりしたし、

ラッパ隊のアレンジがチンドン屋の乱れ吹きみたいだったり、

これは何を表現したいのだ???

とも思ったですはい。

でもミンガスさんは『グッドバイ・ポーク・パイ・ハット』を始め

数々の名曲を書いているお方で、

最初はよその方の演奏でミンガスさんを知りました。

聴く程にあのゴツい、デカい、存在感に引き込まれましたね〜。

フリークとまではいかないにしても、

ベーシストとしても結構好きかも。

ようつべ開いて大好きなbetter git in your soulきいてました。

本人さんの動画ではないですがこちら。



知恵袋でみたところbetter git in your soulというのは

*********************************


心の中で始末しろ、= 表面に出さず、お前一人が我慢すればいいんだ



gitという単語は、金属の鋳造過程で使うロートのようなもののことで、

製品が出来るときには解けてなくなっているもののことです。

つまり、大したものではない、最終的には不必要なもの、という意味です。

*********************************

ということだそうです。

黒人の歴史、

そして感情、

そしてこの陽気なテーマと爆発する演奏、

聴きながらいろいろ感じてしまって

目頭ががががが

本当にハートにグッときます。

いや〜〜

久しぶりに音楽で泣いた。






スポンサーサイト
  1. 2013/10/07(月) 16:02:10|
  2. この人、この一曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すごいわこれちょっと素敵

昨夜のシャウトではっちゃけちゃって今夜は少し燃え尽き気味。

でも酒はちゃんと休んでますはい。

YouTubeでBGM流しながら色々整理したりしてましたら

へぇ〜〜〜こんな人いるんだと

うふふ、

素敵なのみつけちゃった。



こーゆーの大好きですよ。

間近で聴いた人、最高だっただろうなぁ〜( ´ ▽ ` )ノ

しかし一人でって、、、、凄いですなぁ。

凄く奇麗な音楽ですよ、

聴いてみてください。




  1. 2013/08/15(木) 23:01:22|
  2. この人、この一曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

偶然見つけた方達ですが、、、

素敵な音ですよ( ゚∀゚)つ








ホ寺さんに目がとまり偶然みた動画で

House of Watersというバンドの方達。

初めて知った方達ですがもしかしたら有名な方達なのでしょうか?

だとしたらごめんなさい。


しかしなんて名の楽器なんでしょう?

どこかの民族楽器でしょうけれどハンマーの無いピアノみたいですね。

ほんと楽器の音色が爽やかで素敵です。

民族音楽も大好きなのですごく気に入りました(´∀`)

春めく日に気分を一層よくしてくれますね。

けどCDは出していないのかな、アマゾンでは探せませんでした。

バンドのHPは見つけたのですが僕英語が弱くて(´Д`;)

http://houseofwaters.com/music.cfm

興味のある方どうぞ〜。


まだ若そうな方達ですね!

素敵な音楽をもっともっと世に送り出して欲しいです(´∀`)
  1. 2013/04/23(火) 09:44:46|
  2. この人、この一曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これこれこの曲「Dat Dere」Art Blakey


はじめて聴いたのは笠井貴美子さんの録音でした。

いかにもジャズジャズしたジャズ〜〜って感じでかっこよかった!

昨日演奏してみたのでこんな曲だよってことで

ご本人さま( ゚∀゚)つ




キュートなヴォーカルバージョン(・ω・)


歌詞はこんなんです。おもしろい曲でげそ?(・ω・)

ね、ダディ、何、アデ?で、何、アデの下の?
父ちゃん、見てよ、アトコ、
何、してんの、アトコで?どこ、みな行くのアトコ?
で、ダディ、あんな大きい象が貰えるの、アトコで?
ね、誰、僕の椅子に居るの?何してるの、アトコで?
父ちゃん、ねえ、行こうよ、アトコへ、
ね、父ちゃん、何、スクエアって?で、どこ、エアーがあるの?
で、ダディ、あんな大きい象が貰えるの、アトコで?
この訊いてばっかの子!
なあ、何も奴は隠しちゃいないよ、
奴は、いつまでも知りたがって、
誰、何、何故、どこ!
好奇心コドモ!
時には、質問が激しくなって、
こんな「ダディ、あんな大きい象が貰えるの、アトコで?」
櫛を髪にしないで、僕の熊チャンは何処?
ダディ、見てよ、カウボーイが来るの、アトコ。
ね、僕もブーツ履きたいな、アンナの?
で、で、ダディ、あんな大きい象が貰えるの、アトコで?
時は、進むさ、年は過ぎるさ、
小ちゃな子も大きくなるんだ、
教えて遣らなきゃ、彼が知りたい事を、
手助けさ、彼が正しいことを知るように、
彼を強くして遣らにゃ。
人生のマーチは進むんだし、
彼には知りたいのさ理由がね、
全ての答えは知らないが、遣ってみるさ、
最善を尽くして、彼が計画を立てるようにね、
それで、彼は大人になる。
子供に最善を施すのさ、
で、願うのさ、奴が試練をパスするのを、
彼を最後に世界の何処かに送り出す時、
奴が大きくなってもさ、きっと忘れないぜ、
「で、ダディ、あんな大きい象が貰えるの、アトコで?」
ね、なぜ皆やってんの、アトコで?で、どんな事してんの、アトコで?
ダディ、ね、ダディ、何言ってるの、アトコで?
ね、ダディ、何がフェアなの?なんで、仲良くしなきゃいけないの?
で、ダディ、あんな大きい象が貰えるの、アトコで?
  1. 2013/01/31(木) 17:19:40|
  2. この人、この一曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上原ひろみちゃん(;´Д`)ハァハァ/lァ/lァ/ヽァ/ヽァ ノ \ア 

おらほぅのねっちゃ上原ひろみちゃんば見できだず!!あぁーーーいいぃ〜〜〜なあぁぁぁぁ!!!(´Д`)

LINEのメッセで

(´・ω`・)エッ?ベース誰?トニーグレイ??


ん〜〜おじいちゃん?おじちゃん?? アンソニージャクソン。



なん゙━━(;゚Д゚)━( ゚Д)━(  ゚)━(   )━(゚;  )━(Д゚; )━(゚Д゚;)━━だってぇ!?

あんそにぃじやっっっっくそおおぉんだとぉー!!!!

(´;ω;`)ヨカッタネ。ボクノベースネ、アンソニーモデルナンダヨ。

いーもん。ヨウツベで会えるもん。あああああんそにー先生ぃ〜〜!


はぁ〜〜何で青森県て誰も来なくなっちゃったの(泣)

文化度が高いところはいいなー

何でも最初に本物見れるしなー

ぶつぶつぶつぶつ、、、(うらやまうらやま)

  1. 2012/12/09(日) 21:43:47|
  2. この人、この一曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Our spanish love song  パットメセニー&チャーリーヘイデン 


ベーシスト、チャーリーヘイデン作曲の曲です。

切ないメロディに心奪われる大好きな曲です。

パットがガットギターで歌っていますが、

チャーリーのゴツンとして飾り気のないベースがすごーーーくマッチしています。






アルバム収録の演奏では2分40秒辺りからチャーリーのベースソロも聴けます。




うう〜〜ん、素晴らしい。



やっぱこーゆーの、やりたいよね(・ω・)オイラはね。



  1. 2012/03/29(木) 21:36:25|
  2. この人、この一曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウェイン・ショーター 作曲 Footprints


ジャムセッションではお馴染みのお題ですね。

フットプリンツですが、

大好きなベーシスト、マシューギャリソンと知らないこれまたスゲー指ドラマーおっちゃんとの一戦。

正確かつ高速のフィンガリングにお口アングリ(´Д`;)




やっぱこの人すげーーよ(´Д`;)


(`・ω・´)ゞでも目指すス!

  1. 2012/03/14(水) 10:33:06|
  2. この人、この一曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミッシェル・ペトルチアーニ『A列車で行こう』

この曲自体は正直得意な方ではないんですけど、

この演奏は凄いな〜と思いました。

スティーブ・ガッドのドラム、ベースはアンソニー・ジャクソンのリズムセクション。

まるで機関車のピストンがガンガン列車を引っ張っている様です。

本当にグイグイと牽引される気分です。

ペトルチアーニが軽やかにバッキング、

ホーンセクションも重すぎずキュートなソロで楽しい列車の旅を表現しているかのようです^^

最後はちゃんと駅に停車して終了!

本当に素晴らしい!

騙されたと思って一度ご覧あれ〜!



  1. 2012/01/14(土) 16:42:23|
  2. この人、この一曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近ハマってるギタリスト「Ralph Towner」


最近ベーシスト、ゲーリー・ピーコック繋がりで見つけたCD。

Ralph Townerというアメリカのギタリスト。

ジャズ?クラシック?よくわからんけど何だか(・∀・)イイ!!

曲は彼のオリジナル、アドリブ要素も有るらしい。

こーゆーの大好き!聞き込んでます。

音楽で大事な要素の一つ、「美しい楽器の音色」がタップリ味わえる傑作だと思います。

オーディオマニアにもたまらないでしょう(´∀`)

歳取ったらこんな音楽をやりたいな。

いや、今でもやりたいですが。



こんな音楽如何ですか??

そば屋で流れていたら、、、

お蕎麦すすり難いか、、、な?

やっぱそだよねww


  1. 2011/12/13(火) 21:33:48|
  2. この人、この一曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

この人この一曲「In Your Eyes/ピーターガブリエル、ダイアンリーヴス



今回はピーターガブリエルのヒット曲、「In Your Eyes」です。

自分では好きな曲トップ10に入りそうなくらい好きかも。





そして、この素敵な曲を歌ったジャズシンガー、ダイアンリーブス。

崩し過ぎずないアレンジ、ハスキーな歌声、バックバンドのグルーブで、

この曲の新しい魅力を引き出していると思います。





どちらもとても素敵だと思います。

というか、歌ものとしては好みドンズバの曲かなー。

いつかこんな曲を演奏出来るバンドをやりたいです。
  1. 2011/11/19(土) 22:45:09|
  2. この人、この一曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ